積みがちゲーマーのゆかいな日々

自由奔放なゲームブログ。ゲームの感想を中心に気ままに書いてます

名作FPS『Crysis』にハマる【XboxGamePass】

XboxGamePassで遊んだタイトルの記録を残していくシリーズです

 

先日XboxSeriesSを購入したことで勢いづいて、1年半ぶりにブログを更新しました。タウロスです。こんにちは!

Xboxを買った最大の理由である『XboxGamePass』を堪能しようということで、今回からちょこちょこと遊んだゲームの感想などを記録として残していこうかなと思います。

  

さまざまなタイトルが溢れているXboxGamePassですが、私が最初に手を出したタイトルはこちら!

f:id:matsusyo:20201208024513p:plain

まさかのXbox360タイトル、Crysisです!

 

Crysisとは

PCでの最初のリリース日は2007年11月なので、13年前のゲームですね。その後Xbox360やPS3でもリリースされました。ドイツのCrytekが開発したFPSです。

 

前々から遊んでみたかったものの機会がなかったのですが、GamePass加入でラインナップに入っていたので、これは!と思い真っ先にダウンロードしました。

 

【XboxGamePass情報】 Crysis
日本版GamePass あり
日本語対応
日本語吹き替え
日本語字幕

 

ざっくりしたあらすじ

舞台は2020年。

フィリピン海に浮かぶ孤島「リンシャン島」が北朝鮮軍に占拠され、現地で発掘調査を行っていたアメリカの考古学者が拘束されてしまう。救難要請を受け、本作の主人公ノーマッドが所属する米国陸軍の「ラプターチーム」の5名が救助のために投入される。

隊員は超人的な能力を得られる「ナノスーツ」を着用しており、生身の北朝鮮軍兵士が相手であれば、作戦の遂行はさほど難しくないと思われた。

しかし…島には人智を超えた正体不明の存在も眠っていた…!

ナノスーツ兵士がひとり、またひとりとやられていく!

どうなる、ラプターチーム!?どうなる、ノーマッド!?

 

プレイ感想

オープンワールド風なデカいマップが楽しい

本作のステージはひとつひとつが結構広め。完全なオープンワールドではないものの、ミッションの要所に行くまでのルート選択には自由があり、オープンワールド風な遊び方ができるマップになっています。

与えられた目標を達成するためにどんなアプローチを取るかは、基本的には自由です。

 

ミッションには「主目的」と「副次目的」があり、一本道シューターではなくサブクエスト的な楽しみがあるのも面白いポイント。

 

スーツが持つ超人的能力のおかげで戦術の幅が広い

f:id:matsusyo:20201208024510p:plain

ナノスーツには色々スゴい能力が搭載されていますが、ゲーム中でプレイヤーが自由に使えるのは主に4種類。

防御力アップの「アーマー」、透明になれる「クローク」、超絶力持ちになる「ストレングス」、そしてダッシュが速くなる「スピード」。

これらを駆使して戦うわけですが、ステルスしても良し、正面から撃ち合っても良し。どんなプレイも適した能力を使いながら戦える柔軟さがありました。

遊び方を限定されずにのびのびとプレイできます。

 

私の場合は「クローク」を使った透明人間ステルスプレイが基本でした。

ただ、わりと敵の人間AIが賢いので、ドジればすぐに見つかって「アーマー」主体のゴリゴリバトルになるんですけどね。どっちも楽しい。

 

いま遊んでも結構キレイ

f:id:matsusyo:20201208024508p:plain

Xbox360世代ということもあって、グラフィックは微妙なのかなーと思っていたのですが、これがなかなかキレイ。

もちろんゴリゴリの4Kには敵わないですけど、生い茂る木々や木漏れ日など、バッチリ表現されてます。 

 

発売当時PC版では、最高スペックのPCを持ってしても「最高設定」のCrysisは満足に動かせない…みたいな話もあったとかなかったとか。

 

スポンサーリンク

 

途中から雰囲気変わる

前半は自然豊かなジャングルの中で、潜入経路を試行錯誤しながら進める緊張感があって良かったんですが、途中から一変します。

例の「人智を超えた存在」と戦うことにもなっていくわけですが、残念ながらこいつらとの戦闘はなかなか単調。

 

前半はルート取りなどを試行錯誤する楽しみがあったのですが、後半のマップはほぼ一本道、索敵要素は急減。

戦闘も突っ込んでくる敵に向かって撃ちまくる感じで、撃ち合いスキルだけが試されている印象。

急にどうした!?と思うほど別ゲーに変わってしまいました。

 

前半のドキドキ感がなくなったのは寂しかったですが、前半ステルス中心だったので、後半に銃をバカスカ撃って戦うのも派手で楽しくはありました。

ストーリーを考慮しても、目まぐるしく状況が変わる中で、とにかく戦うしかないわ!という特殊部隊感は味わえたかも。

 

ただ、前半がそこそこ自由にプレイできた分、後半の「遊び方が限定される感」はもったいなく感じました。

 

まとめ

やはり評価が高いのも納得。クリアまでのめり込むようにプレイしてしまってました。

 

何周かしたいなと思いつつも、ストーリーがどうなるのか気になったのですぐに続編であるCrysis2をプレイ開始したため、あまり深くは遊べていません!いつかまた!

 

次回はそのCrysis2の感想をまとめます!

 

クリア時間:おそらく10時間ほど(ステルス試行錯誤のせいで長引いてます)

 

 にほんブログ村 ゲームブログ 積みゲーへ  にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム感想へ  

スポンサーリンク